治験 女性 東京

治験アルバイトについて

臨床試験

女性の方で治験に参加した事ある人ってまだまだ少ないと思います。

 

治験って難病治療とか新薬開発には絶対に必要な事なので、今もだけども、今後もなくなる事はない試験になります。

 

治験ボランティアとか治験コーディネーターがいなければ、新しい薬は作られないですからね(´▽`)

 

治験って何?って思っている人もいるかもしれないので、治験について紹介したいと思います。

 

病院とか薬局、ドラッグストアでたくさんの薬が並んでしますよね。

 

普段症状に合わせて何気なく買って使っている薬ってどうやって開発から発売までされているんでしょうかね?

 

医薬品はすべて治験っていう臨書試験を経て初めて病気を患っている人たちの元に届きます。 今現在日本でにある医薬品って1万数千種類あるって言われています。

 

新しい薬が出来るまでの期間って10年とか15年とかって言う期間がかかるって言われています。 日本はすごい長い方でアメリカではこの半分とか1/3とかの期間って言う風に聞いた事があります。

 

私はいつも飲んでいる、ナロンエースとか鼻炎薬、パンシロンも何十年も前から買いは素されていた薬になるって事なんですね。

 

その過程には、お医者さん、製薬会社、薬剤師、研究者、科学者、治験ボランティアの協力が必要にってくるんですけど、この治験ボランティアって言うのが絶対に必要になるんで治験バイトっていう仕事が成立しているんですね。

 

新薬開発と発売のお手伝いをするっていうのが、治験バイトになります。


治験バイトの安全性

イメージ的にどうしても男性っていう感じもしますし、体の事とか健康の事、美容の事ってやっぱり気になりますからね。

 

ニキビ治験・月経後治験を始めとして、女性の治験バイト募集もかなり増えて着ていて、女性の需要も高まっているのが最近の状況だと思います。

 

治験に参加するにあたって、一番気になる事って安全性ってことでしょうね。

 

私が今までに参加したことでの経験値でいうと、治験バイトは安全だと思います!

 

 

治験が安全だと思った理由

治験、臨床試験をする前に非臨書試験って言うのがあります。

 

人体実験する前に、動物実験とかを行うし、しっかりと検査したうえでの治験になるので、危険な事って少なし、ネットとかで危険とか危ないとか植物人間とかICUとかってみるけど、あれって本当なのかな?って思います。

 

お医者さんとか看護師さんもちゃんといるし、副作用程度の心配はあるけど、基本的には安心して治験のアルバイトに参加できるって思います♪

 

普通に考えても風邪薬とか頭痛薬とかにも副作用はありますからね。