治験 女性 東京

治験のデータについて

非臨床試験と臨床試験で行ってきた試験・検査の結果とかに関してなんですが、データでまとめれれます。

 

患者さんと医療関係者の強力により実施された治験のデータって言うのはまとめられて、薬の製造、また輸入の承認申請資料として厚生大臣に提出されます。

 

その後に中央薬事審議会で有効性、安全性、品質などが審査されます。

 

で、基準を満たしていて、医療に役立つことが認められると承認されて、国内で製造と販売される医薬品の誕生って言う風になります!

 

こんな感じで一つの薬が生まれて治療に使われるまでに多くの人(健康な人。患者さん)の協力を得て、大勢の人が努力を重ねて、長ければ10年とか20年っていう歳月が必要になってくるんです。

 

一つの薬が誕生するまでにはかなりのドラマがあるんですね。

 

治験の段階を経ないで薬が誕生できないって言うのが何となくですが分かりますよね。

 

治験モニター募集とか治験ボランティア募集って言うのは、単なるお金を稼ぐバイトって感じじゃあなくて、新しい、よりよい薬を生み出す為に治験参加者ってッ募集されています。

治験への参加について

医学の進歩とともにこれまでにも大勢の人が治験に参加しています。

 

そう言った人がいたからこそ、私たちがたくさんの薬とかサプリメントを使えるんですよね。

 

今度はあなたとか私が更によりよい薬を、自分自身の為、未来の為に作りだす順番かも知れませんよね。 治験に参加するって事は人類の健康を守る為に貢献するボランティア活動になるんでしょうね。

 

見知らぬ誰かの為に貢献するって事に関しては、献血とか骨髄バンクに参加するっていう精神に近いのかも知れないですね。 今までに治験に参加して来た人たちに感謝の気持ちって忘れたらだめだなって思いますよね。

 

治験に参加するか治験に参加しないかは個人の意志なんで、治験への参加は自分自身の意志で決めないと行けないんですね。

 

女性のため息

 

治験のサイトへ登録しておくと色んな治験の募集みられますし、紹介され出来たりします。 サイト登録時に自分の健康状態を入力しますからね。 症状とか疾患の数値とかも。

 

で、治験を紹介されたり、募集を見たりして、ちょっと不安だなとかって思った時に治験は参加を断っても、不利益な取り扱いを受ける事はないんで安心して良いと思いますよ!

 

今すぐに結論を出さなくても良いし、家族とか友達とかと相談してもいいし、分からない点、不明点、疑問点は担当医師とか病院などの相談窓口で納得いくまで説明を受ける事も出来ますからね。

 

貰える報酬だけじゃあなくて、内容に自分が納得してからって言うのが大事です。